• ホーム
  • 早漏の悩みはプリリジーで解決!

早漏の悩みはプリリジーで解決!

早漏で悩んでいる男性は意外と多いですが、軽い気持ちで誰かに相談できるような悩みではないため、1人で抱え込んでしまうものです。
医療機関を受診して適切な治療を受ければ短期間で改善させられるケースでも、恥ずかしくて治療を受けるのを躊躇してしまうことがあります。
しかし放っておいて早漏が改善することは考えにくいため、早めに治療を受けなければなりません。
早漏で嫌な思いをするのは自分だけではないのです。
性行為の相手となる女性も不愉快な思いを抱いています。

なんとしても挿入時間を長くして射精を遅らせたい男性は、早漏治療薬を服用することが大切です。
トレーニングで改善するには相当な根気強さが必要ですが、早漏治療薬なら負担が軽くなります。
効果が期待できる早漏治療薬は、有効成分のダポキセチンが配合されているプリリジーです。
プリリジーは既に30ヶ国以上の国々で使われている早漏治療薬なので、初めて飲む人にとっても安心感があります。

ダポキセチンは体内でのアドレナリン分泌を調整したり、交感神経の働きを抑えたりする作用がある成分です。
性行為の前にダポキセチンを摂取すると、性的な刺激が伝わりにくくなり、結果として射精時間が延長されることになります。
薬によって射精時間をコントロールする方法なので、性行為をするときに影響が出るのではないかと心配されますが、ダポキセチンは多くの治療で用いられている成分なので不安はありません。

性行為をする前に射精しておいたり、日頃から男性器のトレーニングを行ったりする男性は多いですが、そのような方法だけでは根本的な解決にならないのです。
射精してから次の射精までに時間が空けば、確かに挿入時間を長くすることができます。
しかしダポキセチンを用いない場合、常に性行為の前に射精しなければなりません。
余計なことを気にせず性行為を楽しむためには、ダポキセチンが入っているプリリジーの摂取が不可欠だといえます。

プリリジーの効果と気になる副作用

プリリジーの効果を最大限に引き出すためには、正しいタイミングで服用する必要があります。
タイミングを間違えたり過剰に摂取したりすると、思わぬ副作用につながるため注意が必要です。
プリリジーは早漏治療薬なので、一般的な薬と同じように副作用に気をつけなければなりません。
副作用と聞くと不安が強くなってしまいますが、正しく服用していれば副作用は出にくいので、服用方法をきちんと確認することが不可欠です。

起こりやすい副作用としては、頭痛・めまい・疲労感などがあります。
プリリジーは比較的副作用が少ない薬なので、頭痛などが出てきても軽い症状で済むことが多いです。
どうしても痛みが我慢できなかったり、いつまでも続いたりするときは、頭痛薬などで対処することもできます。
痛みや疲労感がある状態で性行為に臨んでも、楽しい時間を過ごすことはできません。
無理に我慢するのではなく、痛みを抑えることも重要です。

プリリジーは早漏治療薬としての効果が期待できる優れた薬ですが、価格が高いところが難点だといえます。
1回飲むだけで症状が改善するわけではなく、飲み続けていくことが前提となるため、価格を度外視することはできません。
そこで役に立つのがプリリジーのジェネリックです。
プリリジーのジェネリックには、たとえばポゼットがあります。
ジェネリックは最初に開発された薬より価格が安いため、頻繁に飲む人に向いているのです。

ポゼットに使われている成分はプリリジーと同じダポキセチンなので、期待できる効果は変わりません。
それでいて価格が安いため、早漏に悩む男性の間で注目されているのです。
価格が安いのは特許が切れて開発費が抑えられているためなので、品質には心配がありません。