笑顔のカップルと薬
公開履歴
薬を飲む男性

バイアグラという薬の名前はご存知でも、有効成分として使われているシルデナフィルの存在までは知らないという方がほとんどです。

ED治療薬として有名なバイアグラと、日本ではその他にレビトラ・シアリスという2つの薬が認可されており、いずれもPDE5阻害薬と言われ、ED治療のメカニズムは同じです。
ですが、まったく違った特徴を持つのは有効成分がそれぞれ異なっているからです。
シルデナフィルならではの特徴について見て行きましょう。

シルデナフィル配合のED治療薬バイアグラとは

バイアグラがとにかく有名なのは、世界で始めに生まれたED治療薬だからというのがあるでしょう。
元々は狭心症の治療に使えるかもしれないと研究されていたシルデナフィルですが、勃起不全にも良い効果をもたらすことが分かり、勃起不全を適応症として研究開発されるようになって生まれたのです。

製造販売するのはアメリカの大手製薬メーカーファイザー社で、アメリカ合衆国にて販売が始まったのは1998年、更には翌年には日本でも処方箋医薬品として承認されており、国内にて正規品が手に入るようになったのです。

その後、シアリスやレビトラが生まれているにも関わらずバイアグラを愛する人々は今も尚多くいます。
確かに歴史があり皆が使っているという安心感もあるでしょうが、効果が高いからこそ買っているというのもあります。

勃起不全と言ってもさまざまな原因がありますし、全く勃起できない人から最初は勃起できても途中で萎えてしまう、いわゆる中折れ状態の方まで症状もさまざまです。
ある程度年齢を重ねてくる中で精力が衰えてきたという方もいるでしょう。
バイアグラはそのほとんどの症状に適応してくれ、男としての自信を取り戻してくれるのです。
性行為は人間にとって単なる生殖のための手段ではありません。
パートナーとの関係を円滑に保つためにも、男として自信を持って異性関係だけでなく仕事などにも積極的に突き進んでいくためにも、必要なものです。
シルデナフィル配合のED治療薬バイアグラは、それを助けてくれる男性のための大きな味方です。

最近では若くても、食生活の乱れやストレス・疲れなどの原因からEDに陥る方が急増しています。
ぜひバイアグラを試してみていただきたいです。

シルデナフィルの効果と副作用

バイアグラを含め、ED治療薬はPDE5阻害薬というジャンルになります。
PDE5とは5-ホスホジエステラーゼという酵素の略称です。

本来であれば、男性は性的興奮を覚えると男性器の海綿体に血液が一気に集まり、まるで風船に空気を入れたかのように硬く大きくなります。
それが勃起であり、その仕組みに重要な働きを持つのが環状グアノシンーリン酸というものです。
これが海綿体の筋肉を弛緩させることで血液が流れ込むようになります。

しかしながら、勃起状態がずっと一生続くわけではありません。
それは5-ホスホジエステラーゼという酵素が環状グアノシンーリン酸を分解してしまうからです。
必要な酵素ではあるものの、まだ性行為をしていない、満足しきっていないのに分解されてしまうと困ります。
そこで活躍するのがPDE5阻害薬というわけです。
シルデナフィルが活躍し、バイアグラの効果が続く間は5-ホスホジエステラーゼはその働きを妨害され続けます。
環状グアノシンーリン酸が分解されること無く正常に勃起できるようになるのです。

シルデナフィルには血管拡張作用もあります。
これが狭心症に効果を発揮するのではと当初は研究を進められていたのですが、この作用はEDにも強い味方となります。
血管が広がるので陰茎に血液が流れ込みやすくなるのです。

ただし、血管拡張が起こるのは下半身だけではありません。
全身で拡張された結果、目の充血や顔の火照り、頭痛などの副作用が、バイアグラ服用者の9割以上と高い確率で起こります。
しかし、症状が出るのは薬の効果が続いている間だけで、血管が元に戻っていくにつれて収まっていきます。
後遺症が残るようなことはないので安心してください。

バイアグラはEDクリニックで処方してもらえる

1999年に処方箋医薬品となったバイアグラ、これにより正規品がEDのクリニックで処方してもらえるようになりました。
もしも興味があるならクリニックに行ってみてください。

バイアグラはEDを完治させる薬ではなく、服用後5時間程度の間のみ環状グアノシンーリン酸が正常に働き血管が拡張させるものです。
できれば食事や運動・ストレスなど生活習慣を改善した方が良いのですが、クリニックではそれぞれに合った指導・処方をしてくれるでしょう。
いつかはED治療薬の力を借りずとも元気が取り戻せるかもしれません。

たまに勃起がうまくいかないだけだから、一応ある程度の硬さまでは勃起できるから、最初のうちは勃起できているからと、クリニックに行くのを先延ばしにしている方も多いのではないでしょうか。
ですが、できれば症状を感じたら早めに診てもらう方が良いのです。
このまま放っておくと早死にしてしまう危険性があるからです。

血液がドロドロになって血栓ができたり血圧に変化があったり、という生活習慣病が最近多くなっています。
そのまま放っておくと糖尿病や血管障害といった病気になってしまいます。
これらの病気は痛みや痒さなどの自覚症状は出にくく、自覚できる唯一と言って良い症状が、EDの症状なのです。
もしもこのままにしていて脳や心臓に通じる重要な血管に血栓ができて塞がってしまったら、脳梗塞や心筋梗塞など命さえ脅かされてしまいます。
EDの原因の約87パーセントは血管の老化が関係するとも言われているので専門医に診てもらいましょう。
10年後、元気に毎日を過ごせているために、今からできることです。

とはいえ、やはり性生活について赤裸々に語るのはたとえ専門医相手とは言っても恥ずかしいもの、それならED治療薬を通販で買う方法もあります。

ED治療薬は通販サイトで買う方がお得?

通販とは言っても、処方箋医薬品であるバイアグラはアマゾンや楽天には置かれていません。
海外で流通している製品を個人輸入代行業者から買うのです。
ネットなら24時間365日いつでも注文できますから、忙しい現代人にはピッタリなので定期的に通販でバイアグラを買うとよいかもしれません。
注文すれば自宅に届けられるためプライバシーも守られます。
病院だと必要最低限しか処方されないものの、通販だとまとめ買いだってできるのです。

せっかく通販で買うならバイアグラのジェネリックはいかがでしょう。
同じく有効成分はシルデナフィルですが、広告宣伝費や開発費がかからない分安くなっています。
こちらをまとめ買いするようにすれば、かなりのお得です。

ただし注意してください。
個人輸入代行業者の中には悪徳業者も多いため、信頼できるところを見つけ出さないと偽薬を掴まされることになります。

正規の薬を手に入れられたからといっても、医師の説明があるわけでもなく説明書は外国語となっています。
だからといって自己流で服用するのは危険ですからやめましょう。

アメリカで販売され、その翌年には処方箋医薬品として承認される。
これはかなりのスピードですがその背景には、使い方が分からないまま併用禁忌とされる薬を服用してしまい、命を落とすケースが多くなったからです。
もしも硝酸剤と併用した場合には、血圧が下がりすぎてショックで死亡する危険もあることを知っておいてください。
皆が扱っているものとはいえ、常用している薬や既往歴によっては服用が禁止されることもあります。
通販で買うなら自分でこのような注意点をきちんと調べておきましょう。
服用することで仮に副作用や何らかのトラブルが起こったとしても、個人的に輸入して個人的に使っている以上は日本の国は守ってくれず、自己責任となります。